Home

苔清水 季語

清水(しみず、しみづ)三夏. 季語と歳時記. 【子季語】. 真清水、山清水、岩清水、底清水、苔清水、草清水、清水汲む、清水掬ぶ、清水茶屋. 【解説】. 岩陰から天然に走りでる水や、流れる水、湛えられた水。. また地下から湧き出てくる清冽な水をいう. 季語「清水」について 【表記】清水 【読み方】しみず 【ローマ字読み】shimizu 子季語・関連季語・傍題・類語など ・山清水(やましみず:yamashimizu) ・岩清水(いわしみず:iwashimizu) ・苔清水(こけしみ

城跡や古井の清水まず問はん 芭蕉 「真蹟懐紙」 湯をむすぶちかひもおなじ石清水-- 芭蕉 「陸奥鵆」 底清水心の塵ぞしづみつつ 嵐雪 「玄峰集」 月山や鍛冶が跡とふ雪清水 曾良 「雪まろげ」 青あをと見えて底根のある. 苔清水ふふみ吉野のみそぎとす 柏井幸子 円虹 200008 また一人清水へ下りて手を浸す 朝妻力 俳句通信 200008 ご希望の季語 がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。 2021年8月7日. 季語「朝焼」「夕焼」は、俳句歳時記で共に「夏・晩夏」になります。 歳時記で「夏・三夏」の俳句の季語に、「清水・山清水・岩清水・苔清水」があります。 「青田・青田風・青田波・青田売」は、俳句歳時記の季語「夏・晩夏」です 夏の季語「清水(しみず)」を使った俳句一覧. 苔の香や笠着てむすぶ岩 清水 / 飯田蛇笏. 大峰を日わたりて幽き 清水 かな / 飯田蛇笏. 村の子の草くぐりゆく 清水 かな / 石井露月. 岩が根に湧く音かろき 清水 かな / 井上井月. この沢の真 清水 の 芹誰. 苔清水登山の靴の泥落とす 美美子 遠雷やぬかるみ抜けぬ登山靴 美美子 夏井いつき先生より 「清水」「登山靴」「遠雷」それぞれ季語です。このまま季重なりの句としてブラッシュアップするか。どちらかの季語に絞るか。道が二つに分か

清水(しみず、しみづ)三夏 - 季語と歳時

  1. 季語 類義語 一言解説 あおあらし 青嵐 風青し 青葉の頃、林や野を青々と吹き渡る風 清水 山清水 草清水 石清水 苔清水 湧き出る清い水 しゅうう 驟雨 通り雨 急に降り出したかと思うと、直ぐに止んでしまう大粒の夕立など しょう.
  2. 苔を含む俳句例 此奥に聖おはしぬ苔の花/暁台 苔の露十三塚の螢かな/泉鏡花 夕河鹿閉門の音苔寺に/及川貞 山中の巨石の季節苔寒し/林翔 平皿に関連した俳句の例をまとめました。平皿を含む俳句例平皿に呆と口開け揚げ
  3. 初夏の季語「苔清水(こけしみず)」を、夏の代表的な和菓子「わらび餅」で表現しました。 「苔清水」とは、苔むした岩を伝わり流れる清らかな水を 意味し、涼やかで清々しい様子を表す言葉です。 こし餡入りのわらび餅を岩に、表面にまぶした抹茶を苔に見立てました
  4. 俳句季語辞典 家藤正人の1分de季語 おウチ便り おウチde俳句大賞 マイ句帳 句集 ギャラリー 俳句季語辞典 BACK 苔清水 こけしみず 夏 地理 ツイート 苔の間を伝わり流れる清水 一覧に戻る 当サイトについて アカウントについて お支払い.

苔清水(こけしみず)とは。意味や解説、類語。苔の間を伝わり流れる清らかな水。《季 夏》 - goo国語辞書は30万4千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています 苔清水掬びて開く島の地図 中島真沙 ホトトギス 200311 分校を出て寄り道の山清水 池田昭雄 ホトトギス 「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。 「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。 注意し. 季語・季題辞典の索引「こけ」。例えば、苔青し、コケアオシ、苔茂る、コケシゲル、苔滴り、コケシタタリ、苔しのぶ、コケシノブ、コケシビナ、こけし雛、などの用語があります

季語/清水(しみず)を使った俳句 俳句季語一覧ナ

【今日の季語1277】苔清水(こけしみず):「清水」の傍題の一つ。他にも「山・岩・草・庭」などの文字を冠した熟語形で用いるものが多い。道行く人の渇きを癒やす夏の恵み。 苔清水のぞけばうつる笠の裏(寺田寅彦 2019.7.20一日一季語 清水(しみず《しみづ》) 【夏―地理―三夏】 絶壁に眉つけて飲む清水かな 松根東洋城 *2019.7.19 拭き割の滝 苔清水・・・・こけしみず。苔の間を伝わり流れる清水。 清冽・・・・・せいれつ。水が清くつめたいこと。 青葉 躑躅 劔 嵐山 蛍篭 時鳥 花橘 杜若 涼風 八橋 鵜飼 音

皐月・五月のご挨拶 季節をたのしむ 阿蘇百名山 中岳 高岳砂

春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 いづちよりいづちともなき苔清水 蕪村 二人してむすべば濁る清水哉 蕪村 我宿にいかに引べきしみづ哉 蕪村 草あらふ流の末や苔し. 茶道の銘を一覧にまとめた記事です。茶杓や主菓子の銘としてよく使われる、1月から12月までの季節の言葉をまとめています。一年間の主な茶道の銘を、一通り確認することができます

季語・清

高井几董の俳句 「山寺や縁の下なる苔清水」の詳細ページです。季語は「清水」 季節は「夏」に分類しています。2021年08月30日現在、実験的に公開しています。突然アクセスできなくなることもありますのでご了承ください 季語 類義語 一言解説 なつ 夏 三夏 朱夏 夏場 立夏から立秋の前日まで、新暦5、6、7月をさす 清水 山清水 草清水 石清水 苔清水 湧き出る清い水 なつのかわ 夏の川 夏川 五月川 夏河 初夏、五月雨で水かさを増した川 つゆでみず. 季語:苔清水 写真俳句 岩肌を縫いて流れる苔清水 暇有 苔清水 苔の間を伝わり流れる清らかな水。苔(コケ)の花言葉は母の愛 苔テラリウム専門サイト|道草 季語・苔の花 ロリポップ!レンタルサーバー 『苔の花/こけのはな』の俳 山清水,岩清水,草清水,その他「清水」の付いた夏の季語は幾 種類もありますが,苔清水と云う言葉が最も清冽で幽邃ユウスイな風趣があり,清水の美称 として一番優れていると思います。 [次へ進んで下さい 季語 ・季題検索 夏 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 詳 苔清水馬の口籠をはづしけり 注 環境によりメーラーの起動及び句がメール本文に添付できない場合があります。 ©2009 Webm旅 Yahoo! カテゴリ掲載サイトです をクリックで.

茶の湯で用いられる 月の異名 二十四節気 季語•銘を記載しております。季節を美しく表現した茶杓の銘などにご参考になれば嬉しく思います。一月 睦月(むつき)<その他の異名、関連の呼び名> 孟春(もうしゅん)、初月(しょげつ)、元 7月の茶杓の銘に使いたい、季節の言葉たち【言の葉あつめ】. お稽古の時に頭を悩ませるのが、茶杓の銘。. 先生が決めてくださることもありますが、自分で毎回考えるの方が多いのではないでしょうか?. 他の生徒さんとかぶらないように考えたり、使った. 季語一覧(きご いちらん)では、季語を分類し、列挙する。 本項における季節の分類は、二十四節気に基づく節切りとする。 「新年」は1月1日から1月15日ごろまでの期間を指す。 本項における季語の分類は、以下に示す9項目. 清水・山清水・草清水・石清水・苔清水 夏の川・夏川・五月川(五月雨で水が増える川) 出水・夏出水・水害・水禍 瀧・瀧壺・瀑・瀑布・瀧道・瀧しぶき 噴井(夏の水が噴き出す井戸) 夏の海・夏海・夏の波 夏の潮・青葉 季語だけでも、秋の気配を楽しんでください。 今回は「夕焼け」が大半になりました。「夏みかん」「清水」で、 膨らんだ、又は二物の照合で大きくする句は、いささか難しかったの でしょう。もう少し、頑張って

口づけて飲めるもありて苔清水 細見綾子 昭和53年の俳句で、「吉野山 二十三句」の前書のあるうちの最後の句です。 口をつけて飲む人もいた苔の生えた場所の清水、と詠っています。夏の蒸し暑さに対抗して涼しい情景が浮かびます 滴りの俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか遍のページです。. 例句は原則として文語旧仮名遣いで詠まれた有季定型の伝統的俳句を取り上げています。. 清月俳句会の歳時記 July haiku a glossary of seasonal words for haiku poets noda yutaka/ [季節] 晩夏を主に三夏(7月を. 先週Twitterで季語で詠んだものです。一部推敲・詠み直ししています。 1, = 苔清水(こけしみず) = 人気なき山道ゆけば苔清水獣の痕に水は流れつ 2, = 蝉の穴(せみのあな) = 猛暑日に深さを増して蝉の穴冥界.

「清水」三夏の季語。岩陰から天然に走りでる水や、流れる水、湛えられた水。また地下から湧き出てくる清冽な水をいう。清水のある場所やその状態により「山清水」、「岩清水」、「草清水」、「苔清水」などという。子. 苔清水 滴り 滴る 清水 代田 滝 田水沸く 出水 夏野 夏の川 夏の山 瀑布 山清水 【夏】 生活 アイスクリーム アイスコーヒー アイスティー 青簾 揚花火 麻座布団 汗 汗拭 汗ばむ あつぱつぱ 甘酒 網戸 洗膾 洗い髪 洗ひ髪 洗鯉 洗鱸 洗鯛.

清水 1 - 俳句 俳句雑誌 季

歳時記で「夏・三夏」の俳句の季語に、「清水・山清水

  1. 清水、山清水、岩清水、草清水 清水、山清水、岩清水、草清水、苔清水、寺清水 夏の季語のうち、清水、泉、滴り、滝は同類あるいは同系と見ることが出来るだろう。このうち江戸時代に最も多く詠まれたのが清水である
  2. 清水 しみず 三夏 子季語】 真清水、山清水、岩清水、底清水、苔清水、草清水、清水汲む、清水掬ぶ、清水茶屋 【解説】 岩陰から天然に走りでる水や、流れる水、湛えられた水。また地下から湧き出てくる清冽な水をいう
  3. 分類-季語の選択 指定しない 時候 卯月 炎天 夏 夏の日 夏の夜 夏寒し 夏景色 夏至 五月 皐月 清水 青田 泉 苔清水 滝 滴る 天文 雲の峯 夏の雨 夏の雲 夏の月 夏の星 夏霧 夏嵐 薫風 虎が雨 五月闇 五月雨 五月晴 青嵐 南風 虹.
  4. 清水(岩清水・山清水・苔清水)・滴り・ 涼し(朝涼・夕涼・晩涼・夜涼・涼風)・ 露涼し(夏の露)・浴衣・白絣・甚平・ 汗(玉の汗・汗の玉・汗みどろ・汗の香・汗水・汗ばむ)・ ハンカチーフ(ハンカチ・汗ふき・汗拭い.
  5. 分類-季語の選択 指定しない 時候 去年今年 君の春 元旦 元日 国の春 今朝の春 三が日 初春 清水 青田 泉 苔清水 滝 滴る 天文 御降 初霞 初空 初東風 初日 初日影 初明 動物 嫁が君 初鶏 初鴉 ※このデータベースでは、で公開 さ.
  6. アートボックスは、俳句を楽しむお手伝いをしています。初心者の方、外国にお住いの方、日本語が苦手な方もご一緒に楽しみましょう。ネットの中で動く歳時記を、ご活用ください。夏の俳句季語(時候・天文・地理
  7. 「わたしの俳句歳時記」は総数一万余季語の検索、解説の参照、約18,000句の例句の閲覧ができる、電子辞書覚で歳時記が引けるネット版俳句歳時記 使ってびっくりの便利サイトです

夏の季語「清水(しみず)」を使った俳句一覧 俳句の作り方

  1. 季語検索 <詳細表示> No 季語 読み 濁音なし 現代仮名遣い 清水 しみづ しみつ しみず 苔清水 こけしみづ こけしみつ こけしみず 6 岨清水 そましみづ そましみつ そましみず 7 磯清水 いそしみづ いそしみつ いそしみず 8 湧清水.
  2. 季語の色!夏の季語のイメージ配色を紹介します。カラーリングのヒントとして配色見本を眺めてみてください。季語の色!夏の季語のイメージ配色カラーチャート
  3. 苔清水より殺風景な細い道を歩いて行くと・・・・突然視界の開けた土地が現れます。 四方正面堂跡役行者御母公廟所。 和州金峯山山上山下并小篠等絵図(1801-30以前)左右に伸びる道が大峯修験道。左より子守明神(吉野水分神社)、修行門、金精明神(金峯神社)
  4. か行の茶杓銘 ここでは、季語に関して説明します。 季語は、連歌・俳諧・俳句なんかで用いられる特定の季節を表す言葉で、 昔は、季の詞(きのことば)・季の題・四季の詞・季(き)・季節と呼ばれていたみたいです。 季語が成立したのは平安時代後期で、能因著『能因歌枕』には150の季語
  5. 33a 植物の世界「コケと日本人」 〈隠逸,死の表象〉 コケは人里離れた山間の陰湿地に生え,その姿や色合いが地味,清楚セイソなので,「苔 」と他の語を結んで隠逸・枯淡の心境や境遇を表す熟語が作られました
  6. 今回は東御市詩歌祭の分を発表します。 記( は入選分です) A.短歌 ①いびつなる母の作りし草の餅、まずは口にし銘菓端置く *歌意母が作った形は変形しているが孫達が口一杯にほうばり.

苔生す 季語 子季語 花苔 関連季語 苔茂る 解説 梅雨のころ、苔に咲く白や紫、赤などのごく小さな花のごときもの。 来歴 『俳諧大成新式』(元禄11年、1698年)に所出。 文学での言及 実証的見解 苔の花といっても正確には花ではない 一 茶 発 句 全 集 長野郷土史研究会 小林一郎編 2005 年 8 月 14 日更新 小林一茶は生涯に約二万の発句を残している。これらを季語によって整理した全集には、『一茶全集』第一巻(1979年刊)がある。しかし、その後も 『一茶発句. たのしみは 春夏秋冬季語に逢ひ 詩歌管絃游びゐるとき 歌童 歳時記で 夏 三夏 の俳句の季語に 清水 山清水 岩清水 苔清水 があります Image206 樹皮苔 悠山人の新古今 苔の花 畦夢の写真俳句 楽天ブログ 写真 俳句ブログ 犬の散歩道. 苔清水を解説文に含む見出し語の検索結果です。小口理市の俳句 余生とはいへどもバレンタインの日 己が幹痛め桜は満開に 父の日や子牛にぢつと見つめられ 苔清水去り忘れものせし心地 豚の子の重なり合へる良夜かな..

Video: 【第8回 写真de俳句】《ハシ坊と学ぼう!①》 夏井いつきのお

夏の季語(自然編-50音順

〔ネット歳時記一覧〕 〔俳句検索〕 〔季語検索〕 〔季語 歳時記検索〕 、 〔万葉集〕 〔奥の細道, 姉妹編〕 〔笈の小文〕 〔百人一首〕 俳句 俳句(はいく)とは、五・七・五から成る日本の定型詩であり、世界最短の詩である。 俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ 水飲みに起きることなど明け易し 細見綾子 平成7年の俳句です。 綾子晩年の句で注目はされていないようですが、生活の実感があって好きな俳句です。 本日は夏至で、「夏至」か「短夜」が季語の俳句を掲載しようと探しましたが、結果、綾子のこの俳句にしました

【茶器/茶道具 お棚】 竹台子 利休好写し 小林幸斎作 組立式 のネットショッピングは通販サイトau PAY マーケット!送料無料商品やセール商品、レビュー(評判)も多数掲載中。ポイントやクーポンをつかったお買い物もOK (季語)ちる桜-春] 苔清水(こけしみず) 春雨のこしたにつたふ清水哉 [(西行上人ゆかりの「とくとくの清水」を訪れて)春雨のしたたりて樹の下をつたって流れ着いたのだろうか、この清らかな水は。(季語)春雨-春 「苔清水(こけしみず)」という夏(時候)の季語もある。「苔の花(こけのはな)」という「苔類などの隠花植物の胞子を花にみたてたもの」といった夏の季語もある。これには、「花苔(はなごけ)」という別名もあるとか

苔を使用した俳句 俳句季語一覧ナ

季語・季題検索 夏 時候 天文 地理 人事 動物 植物 / 凡例 詳しいデータを表示する 子規俳句 季語・季題検索 夏 地理 清水 しみず 清水 しみず 真清水 ましみず 山清水 やましみず 岩清水 いわしみず 底清水 そこしみず 苔清水 こけしみず 岨清水 そばしみず 磯清水 いそしみず 湧清水 わきしみず. 季語の一つ「 清水 」と、「 清水 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の幅が広がるはずです。. その関連で言えば「涼しさ」や「泉」なども夏の季語です。 「清水」には他に「山清水」「岩清水」「苔清水」「草清水」などがあります。一々述べるまでもなく、これらは清水が湧き出ている場所や情景をくっきり思い浮かべること 季語の一つ「 清水 」と、「 清水 」に関連する語(子季語)を紹介します。 歳時記にも子季語は紹介されてはいるのですが、言葉の意味までは書かれていないことがあります。 それぞれの言葉の微妙な違いを知ることで、句作の表現の

真清水、山清水、岩清水、底清水、苔清水、草清水、清水汲む、清水掬ぶ、清水茶屋 【解説】 おもに地下から湧き出る冷たくてきれいな水をいう。 【分類】 三夏・地理 【例句】 城跡や古井の清水まず問はん 芭 【読み】 ましみづにいのちつくらんさけのゑひ 【季語】 真清水(夏) 【語釈】 真清水――「清水の美称。澄んだ湧き水」(デジタル大辞泉)。 【大意】 澄みきった清らかな水にのどをうるおして、酒に酔ったわが身に. 夏の季語について 緊急で今日中に答えてほしいのですが潮風は季語ですかね?くだらない質問すいませんm(__)m 潮風は季語ではないです。何年生でしょうか?あおあらし青嵐風青し青葉の頃、林や野を青々と吹き渡る風あ.. 苔清水 春雨のこしたにつとふ清水哉 高 野 ちゝはゝのしきりにこひし雉の声 ちる花にたぶさはづかし奥の院 万菊 和 歌 行春にわかの浦にて追付たり きみ井寺 跪(きびす. 俳句歳時記 季語 このサイトを検索 MENU Home 春 春 時候 春 天文 春 地理 春 生活 春 行事 春 動物 春 植物 清水地主祭(きよみずじしゅまつり) 163 練供養 ねりくよう 初夏 164 千団子 せんだんご 初夏 千団子祭(せんだんご.

ラグノ

【楽天市場】【茶器/茶道具 お棚】 上 小四方棚 即中斎好写し

杉の花 の俳句. 杉の花. 例句を挙げる。. ただよへるものをふちどり杉の花 富安風生. つくばひにこぼれ泛めり杉の花 松本たかし. みほとけの道の明暗杉の花 東原 芦風. ゆさぶれば金の煙や杉の花 瀧澤伊代次. 一すぢの春の日さしぬ杉の花 前田普羅 新訂普羅. 本素材は個人商用問わず自由に使えます。ダウンロードはこちらから。https://xn--4k-cq8dt11f.com/dl-AfrmFy3HyH-open/※ 使用には.

夏が来たぞー!海だ!プールだ!楽しむぞ!冷たい和菓子をつるん!といきたいね!夏って抹茶はあのあついまま飲むのかな?夏と言えば、何を連想されるでしょうか。「ひまわり」「スイカ」「夏休み」など、様々にありますね 如意輪寺へ 西行庵からは、苔清水へは降りないで別の道で元の道に戻る。これから先は往路と同じ道を竹林院付近まで一気に下る。三叉路を右に曲がり、車の通る一般県道を通って如意輪寺に向かう。この道を20分くらい歩いて、如意輪寺に着いたのは15:20頃だった 参勤の殿を留めし門清水 タオ トシコ 「参勤の殿を留めし苔清水」 涼感を手軽に満たす法師蝉 悦子 タオ 季語を説明している 朝顔の観察日記学習展 長久 一雄 「朝顔の観察日記二重丸」 無点句 駅守りの朝顔いろいろ老夫

苔清水 苔の間を伝わり流れる清水。 広辞苑 苔の下水 苔の生えた下をくぐり流れる水。 新古今和歌集(春)「岩間とぢし氷も今朝は解けそめて-道もとむらむ」 広辞苑 心の水 心の清濁・深浅などを水にたとえていう語。 詩花和歌集「思 不忍の池の畔に咲いておりました

苔清水 こけしみず 夏井いつきのおウチde俳句くら

1614夜『苔とあるく』田中美穂|松岡正剛の千夜千冊. 田中美穂. 苔とあるく. WAVE出版 2007. 編集:飛田淳子 写真/伊沢正名 協力/西村直樹. 装幀:松田行正・日向麻利子・相馬敬徳 装画/浅生ハルミン 白き環の髪撫でにけり冬の虹今日は、横山白虹(よこやまはっこう1899-1983)の忌日。俳人、医師、小倉市市議会議員。1973年から没年に金子兜太に引き継がれるまで、現代俳句協会会長を務めた。俳誌「自鳴鐘」は白虹没後も、妻横山.

アートボックスは、俳句を楽しむお手伝いをしています。初心者の方、外国にお住いの方、日本語が苦手な方もご一緒に楽しみましょう。ネットの中で動く歳時記を、ご活用ください。夏の俳句季語(植物Ⅰ)あ~さ 和名jp クロカワゴケ ↑撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 撮影者:東京都 山口米子様↓ 撮影地(全図):小石川植物園 漢字表記 黒川苔 別名・異名 other name シミズゴケ(清水苔) ウイロウモス 古名 old name 語源 etymology 和名は暗緑色の蘚類で、植物体が常に水中に生育することから

苔清水(こけしみず)の意味 - goo国語辞

《今週の投句募集兼題》 【滴り】したたり(三夏/地理) 夏に崖の岩肌を伝わったり、苔などにしみ込んだ水が、雫となって真下にぽたぽたと落ちる清水。 季語として「滴り」という場合は、雨後の雫や鍾乳洞などの水滴は含まない 憧憬の旅人 西行 松尾芭蕉の『野ざらし紀行』に このような句があります。 芋洗ふ女 西行ならば歌よまむ 「芋(いも)」は秋の季語ですが、 俳諧はともかく、和歌では見たことがありません。 しかし川辺で芋を洗う女を見た芭蕉 [

清水 2 - 俳句 俳句雑誌 季

何故なら、『露とくとく』の『露』は、本来『清水の雫』であって、決して『露』そのものではないからである。であれば厳密には季語とはなり得ない。そういう意味では、この句は季語があるような無いような微妙な句と云うしかない。そ 茶杓、茶入は銘を付けて拝見に出され、亭主と正客のやり取りに欠かせない茶道具です。茶席の趣意を表す大切な茶道具です。 茶杓、茶入、茶碗の銘は禅語、季節、行事により選びますのでそれらを網羅しました

索引「こけ」 - 季語・季題 - Weblio 辞書・百科事

季語;一位の花(晩春) 一位、別名オンコとも イチイ科 イチイ属 花言葉 あざむく 白駒の池は北八ヶ岳の広大な原生林の中に清水を湛える神秘的な湖。標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖でだという 和名jp カロライナアオイゴケ 撮影:GKZ/館林市:野鳥の森ガーデンにて↑ 撮影者:千葉県 三浦久美子様↓ 撮影地:帰化植物見本園 漢字表記 カロライナ葵苔 別名・異名 other name ダイコンドラ・カロリネンシス ディコンドラ・カロリネンシ

【楽天市場】【茶器/茶道具 お棚】 上 桐竹台子 紹鴎好写し